城端線氷見線観光ガイド

勝興寺(重要文化財)

通年

勝興寺の歴史は、文明3年(1471)に本願寺8世蓮如人が越中国砺波郡蟹谷庄土山に営んだ「土山御坊」に始まります。
土山御坊は、蓮如人の子孫が代々住職を勤め、永正14年(1517)に、佐渡にあった順徳上皇建立の寺を再興、相続して「勝興寺」 と称しました。
勝興寺は、越中の西部を支配下におき、戦国時代の複雑な政治情勢の下、甲斐の武田氏や越前の朝倉氏等の戦国大名との関係を深めました。勝興寺が数回移転した後、現在の地に移ってきたのは天正12年(1584)でした。
近世に入ると、勝興寺は藩主前田家、本願寺及び公家との関係を深め、越中における浄土真宗の触頭として近代にいたるまで権勢を振るいました。
現在、約3万平方メートルの広大な境内には本堂をはじめとし、12棟の建造物が重要文化財に指定され、平成10年度より約20カ年計画で保存修理が行われています。
なお、この境内地は、奈良時代には越中国府の所在地といわれ、国守として万葉歌人大伴家持が赴任し、境内には万葉歌碑も建てられています。

イベントの詳細

場所 高岡市伏木古国府17-1 TEL.0766-44-0037
営業時間 9:00~16:00(定休日:無休)
交通 JR伏木駅より徒歩約4分
このページのトップへ