城端線・氷見線の歴史

  • 明治

    30年
    中越鉄道黒田仮停車場⇄城端駅間が開業
    31年
    高岡駅⇄黒田仮停車場間が延伸開業し、高岡駅⇄城端駅間が全通
    高岡駅開業に伴い黒田仮停車場が廃止
    33年
    中越鉄道伏木駅⇄高岡駅間が延伸開業
    45年
    島尾駅⇄伏木駅間が延伸開業
  • 大正

    元年
    氷見駅⇄島尾駅間が延伸開業
    9年
    中越鉄道全線が国有化(伏木駅⇄高岡駅⇄城端駅間が中越線、伏木駅⇄氷見駅間が氷見軽便線)
    11年
    軽便線の名称を廃止し、氷見軽便線が氷見線に改称
  • 昭和

    17年
    氷見線が高岡駅⇄氷見駅間に変更、中越線が高岡駅⇄城端駅間を城端線に改称
    62年
    国鉄分割民営化により西日本旅客鉄道株式会社が継承
  • 平成

    9年
    城端線全線開通100周年を記念して蒸気機関車を運転
    14年
    氷見線全線開通90周年と氷見市制50周年を記念して蒸気機関車を運転
    16年
    「忍者ハットリくん列車」が運転開始(3両)
    24年
    城端線・氷見線沿線市ラッピング列車運転開始(4両)
    25年
    「忍者ハットリくん列車(白色ver.)」が運行開始(1両)
    27年
    城端線新高岡駅開業、城端線増便試行開始
    観光列車「ベル・モンターニュ・エ・メール(通称:べるもんた)」運行開始
ページのトップへ